保険プラザ全国大会

2004年度保険プラザ全国大会 開催概要

大会名 第7回全国大会2004in東京
開催日時 平成16年12月3日(金)、4日(土)
場所 :
12月3日 東京海上本店新館及び本館
12月4日 アルカディア市ヶ谷 私学会館
テーマ 「コンペティター(競争者)に勝つ」
イントロ
ダクション
「2007年銀行窓販の完全実施」「郵政民営化へカウントダウン始まる」・・
私たちプロ代理店を取り巻く競争は業界の垣根を超えた道のステージに突入しました。 すでに年金保険販売で証明された銀行の組織販売力、郵政窓口会社(仮称)の地域密着力、さらにはコンビニエンスストアーの利便市絵と企画力、金未来のコンペティター(競争者)はあまりにも巨大で強力です。
ついこの間までカバン一つで気ままな自営業を謳歌していた私達プロ代理店は、自由化の要請から「自己完結型モデル代理店」への華麗な変身と成功を信じ、夢を追う楽しさと苦闘の日々を送っています。 今、体力も知力も疲弊気味のプロ代理店に、巨大コンペティターの出現に戸惑いを隠せません。
他方、場面においてその巨大コンペティターとの共通な保険供給者になりうる保険会社のスタンスは、プロ代理店にはまだ見えづらいものがあります。
今年の全国大会は、業界内外の事情に詳しい専門家をお招きして、私達の近未来競争者の実像と戦略を探り、同時に供給者の理論や悩みにも耳を傾けて、私達プロ代理店と東京海上日動が「ともに成功者になる道」を検証します。 最も優秀な保険流通者はプロ代理店であることを信じ、日本全国からの英知を集め真摯に討議を行います。 保険史に残る東京の2日間です。
視点 ・銀行窓販の本質は? 仕掛け、組織力、戦略商品は?
・郵政保険会社のパワーと商品力は?
・郵政窓口会社の本当の怖さと弱点は?
・新たに参入するコンペティターとその潜在能力を検証する
・コンペティターとのコラボレーションはありうるのか?
・保険供給者の戦略と悩み(本音と建前)
・プロ代理店の魅力と戦法を考えよう!
・保険プラザネットワークの強みと可能性を話し合おう!
・まずは素直に自己否定から、そしてゴーイングコンサーンへの道を探ろう!
・お客様から選びつつけられるプロ代理店像を白紙から探り出してみよう!
・経営ゴールを考える
・中長期の環境変化(BtoC、人口動態、世代分布)を見据えた明確な目標作り

当日の様子

保険プラザ全国大会の様子1 保険プラザ全国大会の様子2 保険プラザ全国大会の様子3