保険プラザ全国大会

2010年保険プラザ全国大会 開催概要

大会名 第13回全国大会2010in東京
開催日時 平成22年12月3日(金)/4日(土)
場所 : 東京海上日動火災保険株式会社 本店
第1部 セミナー 12:30受付開始 13:00〜18:00(新館15F大会議室)
第2部 懇親会  18:30〜21:00(本館24階談話室)
テーマ 「プロチャネルと直販の棲み分けは可能か?私たちのお客さまは満足しているか?」
イントロ
ダクション
「私達のお客様は本当に満足しているのか?」

景気の低迷はあまりにも長く、いまだ回復基調の兆しさえ見えません。 私たちプロ代理店も、毎月少数ながらも確実に蒸発してゆく自動車更新率を目の当たりにして虚しさを感じる日があります。出来れば「景気のせい」にしたい。しかし正視すれば、お客様のニーズ(コスト意識)を捉えた新規参入者に、大切なお客様の契約を奪われ始めた現実があります。 心は繋がっていても経済合理性を凌駕できない焦り。

インターネットを活用した流通システムや商品開発は年々高度化し、普及スピードは高まっています。私たちプロ代理店がお客様の一番の理解者であったとの思いは一体なんだったのでしょうか?

保険会社自らが「生命保険料は、必要最小限以上払うべきではない」と公言し、徹底的にコストを抑え、保険料半額に挑戦するというローコスト生命保険会社「ライフネット生命」の起業家・出口治明社長をお招きして、原価公開・保険料半額・他社比較OK・約款事前公開の真髄を伺います。 講演後30分の質疑応答を出口社長自身からリクエストいただきました。 お客様への思い・お役立ち・存在価値を、お互いに直球勝負で意見交換を致します。

引き続き、東京海上日動の目指すべきCustomer Relationship Managementを駆使したこれからのプロ代理店像と、お客さまとの良好な関係づくりを成功させている優績プロ代理店のビフォアサービス〜商品=超保険〜アフターサービスのマーケティングプロセスにおける成功事例を営業開発部専業支援Gリーダーにご紹介していただきます。「普通の募集人が普通にやって成功するモデル」は、規模拡大してゆくプロ代理店経営に効率と品質の両立を可能にします。お客様の心を掴み、更新率を高め、新規成約率を飛躍的に高めるスキルを吸収します。

そして、プロチャネルが介在する「あんしん生命」の売り物は何か?理想と現実の隙間を埋めるものは何か?「抜本超保険・生みの親」とも言える前・東京海上日動商品企画推進部長、現・あんしん生命営業開発部長に、プロ代理店の生保販売力の実情とプロ代理店の介在価値と取り組み課題、私たちプロへの想いを熱く語っていただきます。

今年の保険プラザ全国大会は、素直に現実を直視し私たちの本当の強みを再認識してメンバー全員が大きく飛躍する発射台になります。 「この1〜2年が、専業代理店にとっての最大の勝負の時期!」という言葉に間違いはないようです。
主なプログラム 第1部 セミナー
「生命保険業界の将来像とネット生保のビジネスモデル」

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口治明様

情報提供:「iPad 活用でお客さま満足を高める」

有限会社保険プラザ横浜 代表取締役 小泉春海様

「マーケット縮小時代の代理店成長戦略とCRM」

東京海上日動火災保険株式会社
営業開発部 次長 兼 代理店支援室
専業支援グループリーダー 佐々木喜章様

「抜本超保険最新情報」

東京海上日動火災保険株式会社
営業開発部 超保険推進グループ課長
 中田実樹様

「あんしん生命の現状と今後の戦略」

東京海上日動あんしん生命保険株式会社
営業開発部長 高野耕一様

大会総括「お客さまのために“知益”をシェアする」

保険評論家 山野井良民様

第2部 情報交換会
第3部 分科会
グループミーティング
 1.地域密着型代理店の新規マーケット開拓について
 2.今、本当にやるべきことは、「人材教育と人材育成」
 3.代理店労務管理の実態と改善策を探る
プロジェクト
 オリックス自動車 リースプロジェクトの案内
 住宅ローンプロジェクトの事業報告

当日の様子 >>アルバムをご覧ください

保険プラザ全国大会の様子1 保険プラザ全国大会の様子2 保険プラザ全国大会の様子3
保険プラザ全国大会の様子4 保険プラザ全国大会の様子5 保険プラザ全国大会の様子6